×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY



 


 
HOME»  雨樋工事

老朽化した雨樋を新しいものに

■雨樋リニューアル工事

新築屋根工事

施工事例:前橋市S様邸(リニューアル工事・雨樋を施工)

老朽化した雨樋を撤去し、新たに新設しました。
かつての雨樋は樋持(樋を支える金具)の数が少なく、雪や大風で傾いていました。
そこで以前よりも樋持の本数を多くし、樋持の間隔を狭くして強度を高めました。

屋根勾配や軒先の傾斜で樋の形状も変化します。わからないことは是非ご相談ください。
危ないと思われるもの疑われるものがございましたらご相談ください。


 

 

■スッキリデザインであまり主張しすぎない雨樋に

 

屋根

施工事例:前橋市A様(新築住宅・雨樋を施工)

雨が降らないとわからないのが雨樋ですが、実は家を守ってくれる影の実力者です。
雨樋がなければそのまま屋根からしずくが落ちますので、外壁が汚れたり、家の外周部に穴が開いたりします。
きちんとした管理をすることで家の痛みを最小限に軽減できます。

■お客様からの感想
すっきりとしたデザインが気に入っています。
主張しすぎず、しっかりと機能を果たす雨樋は重要だと思います。
 

 

■大型倉庫の雨樋をリニューアル

 

屋根

施工事例:前橋市N様(古い雨樋をリニューアル。特注大型雨樋を施工)

長年の使用で経年劣化していた雨樋をリニューアル。
多少の雪でも耐えられるように樋持の数を既存の倍にし、強固にしました。

■お客様からの感想
スカイラインがシルバーで統一され綺麗になり大変満足しています。
樋持も多くしたので雪の日も安心できます。
 

 

■軒先・ケラバ(破風板)・棟包を板金できれいに!

 

屋根

施工事例:群馬県G様(古い雨樋の撤去と雨樋・ケラバ・軒先・棟包を板金を施工)

長年の使用で経年劣化していた棟包・雨樋をリニューアル。
多少の雪でも耐えられるように樋持の数を既存よりも多く設置、強固にしました。
ケラバの塗装が風雨で剥げていましたが、板金で巻くことで均一で美しいケラバ(破風板)になりました。

■お客様からの感想
大風で棟が飛ばされ、雪で雨樋も破損しましたが、
棟包も大型のものに変更し、雨樋の樋持も多くしたので雪の日も安心できます。
 

 

■屋根・外壁の塗装と雨樋工事

■塗装(屋根・外壁)

 

屋根や外壁は、直射日光、雨、風などを直接受ける傷みの激しい場所です。そのため、定期的なメンテナンスをお勧めしています。既存コロニアルや金属屋根の塗装を定期的に行うことにより屋根の寿命を延ばすことができます。

施工事例:伊勢崎O様(社会福祉施設)